贈り物にぴったりの宝石とは?

女性にはダイヤモンド

ダイヤモンドの輝きは、いつまでも永遠に美しいまま続いていくと言いますよね。その永遠の輝きを、永遠の愛の誓いになぞらえてエンゲージリングの宝石としても定番となっています。でも、別にプロポーズの時以外でもダイヤモンドを贈ったっていいんですよ。女性は基本的にダイヤモンドのゴージャス感のある輝きが好きなのですから。 それでは、どんなものがいいのでしょうか。人気があるダイヤモンドを使ったアクセサリーと言えば、指輪以外では一粒のダイヤモンドを使ったネックレスが有名です。パートナーが女性の誕生日などに贈るのもいいですよね。自分へのご褒美としても人気ですが、そこはやはり大切な人からの贈り物としてもらった方が感動もひとしおでしょう。

年齢ごとのお祝いの場合

最近のお年寄りは若いですよね。還暦や古希のお祝いをしたいと親族が思っていても、自分が年寄りだと感じるのは嫌!と反発してしまうことも…。お年寄りの心もなかなか複雑なのです。ですから、近年のトレンドとしてはあまり還暦や古希のお祝いというメッセージ性が強くないものが選ばれる傾向が見られるんですよ。 それでも、せっかくの長寿を祝うためのものなのだから、還暦や古希などの伝統を活かしたい!という場合にいいのが、色石のギフトです。還暦ならルビーやガーネットのアクセサリー、古希や喜寿などの場合はアメジストなどの紫色の宝石を使ったアクセサリーを贈るのです。これなら贈る側からも歓迎されますし、還暦や古希にちなんだものを渡したいという思いも満たされるでしょう。