今人気のカラーダイヤモンド!!

カラーダイヤモンドって?

ダイヤモンドと言えば、無色透明であるほど価値が高いのが一般的ですよね。なので、黄色味があるものは評価が下がります。しかし、その黄色味とはまた違う、カラーダイヤモンドというものが存在するのです。 カラーダイヤモンドは大きく分けて2種類あります。人工的なものは「トリートメントダイヤモンド」と呼ばれています。ダイヤモンド自体は天然の本物ですが、人工的に着色しているものです。天然のものは「ファンシーダイヤモンド」と呼ばれ自然に色が付いたものです。評価はもちろんファンシーダイヤモンドの方が高くなります。ファンシーダイヤモンドは、1万個に1個あるか無いかと言われるくらい希少です。ファンシーダイヤモンドが採掘される国は大体決まっており、オーストラリア・ロシア・ブラジル・インド・タンザニア・ザイー・アンゴラ・南アフリカなどが挙げられます。

価値があるカラーは?

天然のカラーダイヤモンドの多くは、含まれる窒素原子の割合とその周囲の炭素原子の組み合わせで色が決まると考えられています。そのため、何色もの色が存在しています。カラーはおおまかに、イエロー・オレンジ・ピンク・レッド・パープル・バイオレット・ブルー・グリーン・ブラウン・グレー・ブラックに分類されます。更に同じ色の中でも濃さ・彩度などによって価値が変わります。 天然のカラーダイヤモンドの色で評価が高いものは、ブルー・グリーン・ピンクとされています。天然で採掘される量がかなり少なく貴重なのです。これらの色で濃さや彩度の優れたものは、無色透明なダイヤモンドの数百倍の価値になることがあります!産出量自体は多いイエローでも、そのイエローの色味によっては非常に評価が高くなるものがあります。ですから、一口に何色が評価が高いとは言い切れ無いのです。